法面補修工事

土木部@藤原です。

五ヶ瀬町鞍岡、国見トンネルそばの法面補修工事を担当しています。

片側交互通行の規制を行いながら、既存のモルタル吹付を取壊し、新たにモルタル吹付を施工する工事です。

取壊し面積(1,338㎡)にうち、直高5m超過は人力作業という設計(917㎡)なっており、なかなか過酷な設計です。

・・・が以前、当ブログで紹介した。特殊法面掘削機での施工を行いました。(もちろん、発注者と協議のうえで)

12月11日(金)の午後から開始し、12月16日(水)午前中には完了しました。(実働3日)

やっぱり機械だとイイですね、早いですね!キツイなんて言わず一生懸命働きます。人力施工だったらゾッとします。

では、その取壊し状況写真です。

2015121619172552f

残るはモルタル吹付です。冬季施工のため凍結等の恐れがありますが、

気象情報に注意を払いながら計画的な吹付施工を行い、良い完成品を納められるようがんばります。

これからの季節は、積雪・凍結による路面のスリップに注意し安全運転で行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)