寒中お見舞い

専務取締役@山本です
『寒中お見舞い申し上げます。』
皆様方におかれましては、お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
さて今回は、小寒から大寒へ向かう寒さ厳しき折、我が家の畑で寒さに耐え
頑張っている、一本の果樹を紹介します。
レモン①
この木 何の木 気になる 気になる 名前も知らない・・・?
息子が小学校5年生の時、学校の苗木注文で購入し、並べて2本植えたのですが、我が家は、西臼杵郡日之影町で気象台の地域区分では「宮崎県北部平野部の西端」(北部山沿いと言う人もいる)
分類上熱帯果樹である、本木にとって大変住みにくい条件と思われます。
最初の5年程は、冬の寒さで落葉し元気が出ず、とうとう1本は枯れてしましました。
しかし、この木は人間社会と同じように、次第に適応能力を身に着けたのか?今年で樹齢15年を迎えました。
私も、この木のように目的を持って、適応能力を高め、細身ながらも生き抜いて行こうと、勇気を貰っているところです。
レモンⅡ
ご覧のとおり「レモン」でした。
今年も姿・形はどうであれ、120個余りの実を付けています。
もうすぐ収穫の時を迎えますが、ご希望の方にはお分けしようと思っておりますので、ご一報頂ければ幸いです。
最後に、皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げますとともに、なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)